長期熟成天然丸大豆醤油諸味、吟醸酒粕、みりん粕、みりんと酒米糠、北海道産糖蜜、能登いしる(国産原材料品)を年月を費やし、醗酵させた醸し漬け床で、フグ卵巣糠漬を漬け直すことで塩味を抑え、まろやかな風味に仕上げました。

天然の素材が、昔から受け継いできた伝統の製法で、のべ五年以上の年月をかけ、調和した醸(かも)す逸品です。

原材料 ふぐの卵巣糠漬け
内容量 85g入、37g入
保存方法 冷暗所(開封後は要冷蔵)

 

フグの卵巣には、肝などと同様に致死性の高い毒素(テトロドトキシン)が多く含まれ、商品衛生法により食用を禁止されている。
しかし、国の指針の元、石川県条例により石川県白山市美川町【荒与】では、その卵巣を二年以上もの塩漬け及び糠漬けにより、毒を消失させている事で、製造が許可されている。
その「ふぐの子」をより美味しく、食べ易く、もっと味を惹き立てるため、発酵醸造熟成製法と国内産の原材料にこだわり醸(かも)しました。

 

  • 味は濃厚で米飯とともに食べたり、酒の肴として重宝されています。
  • キャビアやトリュフのように味のアクセントとして添えたり和えたりできます。
  • 変わった使い方として、オリーブオイルを5〜10倍程加え、少量の塩、こしょう、お好みでバジルで整えパスタオイルにしても絶品です。